アイコンタクト

やっとノアが「スワレ」を覚えてくれました!!

なかなかやんちゃなノアは、落ち着きもなく、「スワレ」一つ教えるのにも時間がかかってしまいましたが、

こつこつと上下関係をはっきりさせるために、「アイコンタクト」から教えておりました。

 

「アイコンタクト」とは名前を呼ぶと飼い主の目を見るようにさせることですが、シンプルだけど意外と重要なことで、ワンちゃんはもともと群れで生活する生き物で、その中でもリーダーの一声には注目しなければならないというルールがあります。

そのルールを利用して、名前を呼ぶことで、自分の目を見させることにより、自然とワンちゃんが、「この人がリーダーなんだ」と思わせていくわけですね。

 

落ち着きがなくすぐ興奮してしまう子だと、その状態で教えようとしても、こちらの言葉が耳に届いてないので、まったく理解してもらえません。

しかし「アイコンタクト」ができると、上下関係をはっきりさせられるうえ、自分に注目してくれるので、スムーズに教えられます。

 

1対1でのアイコンタクトは完璧なので、これからは、気の散る状況や、散歩中でもアイコンタクトできるようにしていきたいですね!!

 

ノアはシュナウザーなので、忠誠心は強い方だと思います。

その反面他人や、自分より下だと思った相手に厳しめといいますか、自分が上位だと誇示したがるので、もしノアがマウンティングや、歯を当ててくるようなことをしたら、「コラッ」と一喝してシカトしてあげてください(^^;

2016年03月12日