ラガマフィン

ネコちゃんの品種で、「ラガマフィン」という品種がいるのですが、

前々から、何故「ラガマフィン」なんて名前なのだろう?と疑問でした。

 

ラガマフィンと言えばレゲェ用語のイメージがありましたので(^^;

そこでちょっと調べてみたのですが、レゲェのラガマフィンと、猫のラガマフィンの関係についてはっきりと説明

されているところがなかったので、僕なりの見解となります。

 

まずレゲェの「ラガマフィン」は80年代に誕生したダンスホール・レゲェの1ジャンルであり、

そんな音楽をやっている、オシャレでクール&タフな不良のことを「ラガマフィン」と呼んだそうです。

 

それから猫の「ラガマフィン」が生まれたのは90年代になってからのこと、

はっきり言って衝撃的なのですが、「ラガマフィン」という名前は冗談で申請されたものだったそうです(笑)

しかし申請は通り、一度登録された名前は取り消しができなかった為、そのまま定着してしまったそうです...

ちなみに「ラガマフィン」には「いたずらっ子」や「ボロ服をまとった人」という意味があるそうです。

 

ネコの「ラガマフィン」作出の経緯は書きませんでしたが、

ドロドロした、ヒトの欲と、確執が渦巻く中作られてます。

挙句に、冗談で名前を付けられてしまうという、ちょっと可哀想な歴史の「ラガマフィン」ですが、

性格は、非常に素直で人懐っこく、頭も良いそうです。その優しい性格から、室内飼いが推奨されるほどです。

見た目も可愛くて、もしネコちゃんを飼うならラガマフィンを飼いたいですね!!

 

2016年05月19日